2014年3月28日金曜日

骨粗しょう症

先日、初めて骨粗鬆症の検査というものを受けてみました。
 
 「こつそしょうしょう」 発音しずらい。(笑)

検査前に、区から送られてきた問診票に記入。

 

これは、随分と・・・。

日本では「カルシウムを摂取して骨密度を増やせばいい」という考え方。
カルシムの排出に関しては無視されています。

世界では「カルシウムを奪われないようにすればいい」という考え方。
カルシウムの排出の防止が重視されています。

体内のカルシウムを奪うのは、
酸性食品である、砂糖や動物性食品。

そのため、

それを予防するには、
アルカリ性食品である、野菜や果物を多く摂ることが必要。

カルシウムを摂っても骨粗鬆症の予防にはならず、
カルシウム排出を抑えることこそが予防となる。

というのが事実。

だから、ベジタリアンであることは骨粗鬆症の予防にもなるのです。

しかしながら、上下関係の厳しい、ある意味で年功序列の日本の医学会では、
古い考え方がそのままになってしまっているようです。

私は、ここ20年ほど、

小魚はもちろん食べず、

海藻類もほとんど食べず(普段買うのは海苔と昆布だしくらい)、

さらに、

ここ数年、乳製品は少ししか摂取しておらず、

3.11以降、牛乳を飲むこともなくなりました。

で、測定結果はというと、



同じ年齢の平均値よりも4%密度が高く、
20歳の平均値と比べて97%。(骨密度は年齢が上がるにつれ減少する)

なかなか良い結果です。

骨粗鬆症の検査には、DXA法と定量的超音波法の二種類あって、
DXA法のほうがより精密なデータが出るということだったので、
DXA法で検査してくれる整形外科を探して、
そこで検査してもらいました。

検査法は、左腕をスキャナーのようなものに
かけるだけ。数分で終わりました。

結果はすぐ出て、ドクターから説明と指導を受けました。

ドクターも、区の問診票を見て、

「これは・・・頭のよい人が作ったものではありませんね」

とおっしゃってました。私と気の合うご意見。♪

整形外科のお世話になるようなことになったら、
この病院に来ようと思いました。(笑)

説明が丁寧で、物腰もやわらかく、自らも姿勢正しいドクターに接して、
待合室が激混みだった理由がわかりました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ
全国ブログランキングに参加しています。
応援クリックくださると嬉しいです♪♪♪  

Samastalokah Sukhino Bhavantu~
~May all the beings in all the worlds be happy!