2012年9月29日土曜日

乳製品のセシウム/子どもの5年後、8年後、25年後/太陽発電

ひさしぶりの更新です。
ブログ更新してなくても結構見られているみたいでちょっとびっくりです。
どうもありがとうございます。

ベジママから放射能関連の食品情報に関するメールをいただきました。
ひとまず、東日本にお住まいでなければ、
地元で採れたものを食べていれば大丈夫でしょう。 
(ただし放射性の瓦礫を燃やしている地域のものはNG)

乳製品のことだけ簡単に載せておきます。

乳製品は製造過程で脂肪分と水分に分離させますが、

セシウムは、
脂肪分=バターやチーズには残りにくい
水分=乳清=ヨーグルトの上のほうにある液に溜まる(つまりButtermilkはNG)

ということだけは知っておいたほうがいいですね。(ただしプルトニウムの溜まり方はセシウムの逆)

なので、ママとベビーちゃんが毎日ヨーグルトを食べるなら、
西日本のものを選ぶのがベストです。
西日本のものが手に入らない場合は関東東北以外の地域のものを選ぶのがいいです。

ちなみに、うちでは以前は牛乳は「よつばの根釧牛乳」を買っていましたが、残念ながら根釧牛乳も微量ながらセシウムが検出されているということを知ってからは、私自身は牛乳は摂っていないです。ヨーグルも摂っていません。そのかわり、豆乳がすごくおいしく感じる今日このごろ。

うちの旦那さんはというと、
男だし大人なので、紅茶やコーヒーに入れる程度の根釧牛乳ならOKです。

*追記*
年齢が高いと細胞分裂の速度が遅いため、発病時期も遅くなる。よって、高齢になってから発病する可能性がある。性別と年齢にかかわらず、微量であれ放射性物質が検出された食品は避けるべき。
以下、小出裕章著『原発の嘘』より
 ・被爆リスクは細胞分裂が活発なほど高くなる。
 ・0歳児は55歳成人に比べ約309倍も放射線に弱く、30歳成人に比べても約4倍弱い。
 ・日本の法律では年間1ミリシーベルトだが、事故後、政府は年間20ミリシーベルトに引き上げたため、子どもたちは避難することなく高いレベルで被爆させられた。 

 ところが、最近、いつも根釧牛乳を買っていたスーパーに根釧牛乳が
置いてないので、ここ数週間は旦那も豆乳生活です。

*追記*
牛乳の汚染はエサ由来なので、最近(2012年7月検査)はメーカーもエサに気をつけているらしく、関東地域の牛乳でも不検出になることが多いようです。
しかし、エサが遺伝子組み換え穀物である可能性は非常に高いです。 
 ↓ リンク先の実験マウスの写真に注目
遺伝子組み換えトウモロコシと発癌性に関連 マウス実験 仏政府が調査要請

食品全般については、ベジタリアンのサイトではないのですが、
以下が役に立つかと思います。

OKフード
バンビの独り言(食べ物の放射能測定その1)
バンビの独り言(食べ物の放射能測定その2)


ノンベジの人たちは大変です。特に魚・・・。
放射法汚染食品に関してもベジタリアンのほうがリスクは少ないですね。

そして、心配なときは食事の前にいっぱいお祈りです。

********************************

それと、こちらは私が忙しいのが一段落したら見ようと思っている動画です。
リンクだけはっておくことにします。

NHK・ETV特集 チェルノブイリ原発事故・汚染地帯からの報告(2)ウクライナは訴える
(2012年9月23日放送 所要時間:約1時間)

http://www.at-douga.com/?p=5927

こちらはチェルノブイリの5年後の子どもたち


こちらはチェルノブイリの8年後の子どもたち



こちらはチェルノブイリの25年後の子どもたち
アカデミー賞を受賞した映画「チェルノブイリ・ハート」の予告編


この世の悲しみを減らすためには、
ポジティブに、何であれ自分ができることをやるしかないですね。

福島第一原発の事故はチェルノブイリを上回っていますから、
5年を待たずして、おそらく今から2年後、3年後には、
福島県とその周辺の他県の地域で
内部被爆による子どもたちの重大な健康被害が大問題になって、
そのときには、国内外の民間の医療ボランティアが
活躍することになるのでしょうね。
残念ながら、頼りになるのは日本政府より民間ボランティアかな。

*追記*
原発事故直後に放射能がどの地域にどのように広がったか、そして
内部被爆に関することなど、もみの木医院のホームページに詳しく載っています。もみの木医院は栃木県北部の那須高原にある病院です。
↓ トップページの7コラムに注目
もみの木医院ホームページ

こちらは、
内部被爆によって染色体異常が発生する様子を表したCG


とってもわかりやすいですね。

今年の夏は、関東地域で、異常ひまわりとか、上半身がオスで下半身がメスのクワガタ!が見つかったりしていますが、なんとうちのアサガオ(去年の種が発芽したもの)も、一つのところから花の蕾が複数出てきたものがありました。こんなことは初めてです。
ストロンチウム分布図(2012年9月12日文部科学省)

骨に蓄積されるというストロンチウム90は、
セシウム137と比較して300倍の健康リスクとのこと。

 *追記* 小出裕章著『原発の嘘』より

 セシウム137 半減期 30年 (千分の一に減るまでに約300年かかる)
 ・筋肉、肺、腎臓、骨、肝臓、生殖器などに蓄積されて癌や遺伝子障害の原因となる。
 ・土壌に長くとどまって外部被爆の原因となるほか、根から栄養を吸収する植物を汚染。それを食べた動物は生物濃縮によりさらに汚染される。

ストロンチウム90 半減期 29年
 ・体内の骨に沈着し骨癌や白血病を誘発する。

プルトニウム239 半減期 2.4万年
 ・肝臓、骨に蓄積される。肺に滞留。
 ・最も毒性が強く100万分の1グラム吸い込むだけで癌で死亡する。

ヨウ素131 半減期8日(千分の一に減るまでに80日かかる)
 ・甲状腺に蓄積されて放射能を出し、甲状腺癌を引き起こす。
 ・幼児や子どもに与える被害がきわめて深刻。
 ・福島第一原発から放出された量は16京ベクレルと極めて大量。

それと、こんな映画もできてました。 

「希望の国」 予告編



「ニッポンの嘘 報道写真家 福島菊次郎90歳」 予告編


過激なおじいちゃんカメラマン、超お元気ですね!
お年寄りが頑張ってる姿を見ると、私も頑張ろうという気になりますね~。

そして、頑張ってるなと思うのは、駅のホーム(笑)
今、駅のホームへの太陽光発電パネルを設置がどんどん進んでいて嬉しいです。 

こちらは、東京駅に設置されている太陽発電パネル

画像はJR東日本より

実は、これ、3.11の約半月ほど前に設置されたものなんだそうです。

インドの叡智の言葉にこのようなものがあります。


太陽は毎瞬、莫大なエネルギーを生み出しています。
その太陽エネルギーが3000だとすると、
科学者が利用しているのは、そのうちのたった2にすぎません。
人間は残りの2998の太陽エネルギーを使っていません。
人間は今、全太陽エネルギーのたった2で、
非常に多くのことを成し遂げているのですから、
もし、残りの2998も役立てるなら、
どれほど人類のためになることができるか想像してごらんなさい!
 サイ ババ

太陽のすばらしい力をもっともっと有効利用していきたいですね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ
全国ブログランキングに参加しています。
応援クリックくださると嬉しいです♪♪♪  

Samastalokah Sukhino Bhavantu~
~May all the beings in all the worlds be happy!
 

2012年9月1日土曜日

高野山カフェ in 丸の内ハウス

こうやくん(画像は美的.comより)

8月31日から9月9日の10日間、
新丸ビルの丸の内ハウスに高野山カフェがオープン。

新丸ビルで開催されるのは今年で3回目だそうです。

期間中はいろんな精進料理も食べられるみたい。



場所はこちら↓



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ
全国ブログランキングに参加しています。
応援クリックくださると嬉しいです♪♪♪  

Samastalokah Sukhino Bhavantu~
~May all the beings in all the worlds be happy!