2012年5月12日土曜日

ごまパン/豆乳マヨネーズ

先日近所で買ったゴマ入りパンがおいしかったので、
試しにうちでも作ってみました。

【材料】
水 145g
てんさい糖 12g (糖類は主に酵母の栄養になるように入れます。他の甘味でも何でもOK)
キャノーラ油 10g (もちろん他のオイルでもOK)
南のめぐみ 270g 
塩 4g
練りこみ用黒ゴマ 小さじ1~2(練りこみ用のゴマは入れなくてもOK)
後入れ用黒ゴマ 大さじ2 (最大量はホームベーカリーの自動投入ケース1杯ぶんまで)
白神こだま酵母ドライ 5g + ぬるま湯 15g

実は、作ってから気がついたのですが、うちのホームベーカリー(パナソニック)の取説には、ゴマのような粒の細かいものは自動投入機に入れないようにと書いてありました。あせる

今回は自動投入で上手く行きましたが、次回作るときは、ゴマは自動投入ケースに入れないで、手動で投入するようにしないと。

パンってホント小麦粉の種類によって出来上がりがぜーんぜん違うというのは、お値段につられて初めて「南のめぐみ」(熊本産の財布にやさしい小麦)を使ってみたときに実感して、びーっっっくりしました。外国産と国産の小麦粉でもだいぶ違う。


南のめぐみ


春よ恋

シンプルなパンを焼く場合は、やっぱり「春よ恋」が一番おいしい。

「南のめぐみ」を初めて手にしたとき、なんか灰っぽいなあと思ったんですが、
たしかに小麦には灰分量というものがあるそうで、それがずいぶん多いみたい。なので、具を工夫して焼いてます。焼き上がりを食べるのがベスト。

「春よ恋」と「南のめぐみ」のお値段の差は10キロあたり1200円くらい。

たぶん大量生産のパンは、もっと下級の小麦を使っているだろうから、だから、乳化剤だの何だのいろいろ入れているのだなあということが、よ~くわかりましたよ~。たぶん、そうしないとおいしくならないですもんね。

ゴマぱんは、おいしかったです~。


さて、こちらはNatsumiさんのブログのレシピを参考に作った豆乳マヨネーズをかけたサラダ。

オリジナルレシピでは段階を追って材料を混ぜることになっていましたが、
私は材料を全部一度にフードプロセッサーに入れてかけてしまいました。
即、おいしいマヨができました。

超超超~簡単クイックでした!

こんなに簡単にベジタリアン用のマヨネーズができるんだったら、
もう店でマヨネーズは買えませんね。

それにしても、マヨネーズって多量のオイルが使われているのですね~。

使うオイルやビネガーや糖類の種類や量を変えれば、違った味が楽しめるし、
アレンジすればタルタルソースなども作れそう。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ
全国ブログランキングに参加しています。
応援クリックくださると嬉しいです♪♪♪  

Samastalokah Sukhino Bhavantu~
~May all the beings in all the worlds be happy!