2012年3月24日土曜日

桃の節句

近所のお寺の桃の花が満開だと、昨日うちの旦那さんが言っていて、
今朝、カレンダーをめくったら、旧ひなまつり と書いてありました。


それで、納得。桃の節句は、桃が満開の時のお祭りだからこそ桃の節句なんですもんね。今日は旧暦の3月3日だったのでした。

日本が西暦(グレゴリオ暦、太陽暦)を使い始めたのは明治の初め(明治6年、1873年) 。なんでも、太陰暦だと年13ヶ月だから役人に月給を年に13回支払わなければならないけれども、西暦にすれば1年は12ヶ月だから1回分の給与の支払いが浮くとして、明治政府が12月をいきなり1月にしてしまったそう。いやー、いかにも政府が考えそうな話。

それまでの太陰暦は百済から伝わり、飛鳥時代(推古12年、604年)からずっと使われていたというのですから、計算すると1269年間にもなりますね。もちろん、日本の伝統行事はすべて、太陰暦(旧暦)で行われておりました。

それが明治になって西洋の暦の導入が強行されて、旧暦のお祝いを新暦でするという、無茶なことに。

だから、今、日本で祝われている伝統行事は、古来祝われてきた本来の日からほぼ一ヶ月早く祝われているんです。

今の日本のお正月は、まだ寒くて春めいてなどいないのに「初春」と祝い、今の日本のおひな祭りは、まだ桃が咲いていないのに「桃の節句」と祝うというのは、いくら季節を先取りするのが粋とはいえ、先取りすぎ~!!です。(笑)


どんな暦が使われても、桃の花の咲く時は変わらず。
桃の花が咲き終わって三ヶ月くらいたったころが、ぷーっと大きくなった桃の食べごろ。しかし、花を観賞する品種と食用の品種は違うのだそうです。画像の桃は長崎のハウスもので、6月半ばに発送してくれるそうですよ。うーん、おいしそうですね。桃、大好きです。♪♪

私は桃の産地は山梨くらいしか知らなかったのですが、福島が桃の産地の一つだということは、原発事故があって初めて知りました。残念ですね。

この日めくりカレンダー(印刷屋さんからのいただきもの)には、過去30年間のお天気も付いていて、今日は傘マークです。

当たってる!!



↓↓↓応援クリックしてくださると嬉しいです♪♪♪    
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ