2012年1月30日月曜日

ギンナンクン

12月に銀杏を拾った木はまだ実がいくつか付いています。
でも、いくらなんでも、もうそろそろ落ちるかな。

一番シンプルな銀杏の食べ方は、フライパンで殻ごと炒ってから、旦那さんにギンナンクンで割ってもらって、薄皮つきのまま食べる方法。ほかには揚げ銀杏というのもやってみました。それから、カレーにちょっと入れてみたり、クリームパスタに入れてみたり。定番はやっぱり銀杏ごはんですね。ラブラブ

銀杏の”苦味”に強壮効果があるんだそう。

これは銀杏の串焼き。軽く塩を振って、薄皮付きのままで食べちゃいます。

これがギンナンクン










便利な銀杏割り器です。


ザルで干した銀杏。
ほんのしばらくザルをゆすっていると、

こんなふうに自然にきれいに並びます。
ウルトラマンに似ています(笑)

銀杏の薄皮をきれいに簡単に取る方法がクックパッドにありました。
ヘルシー! 簡単! 銀杏の薄皮取り!

銀杏の栄養素はこちら

イチョウつながりで、

これは、中村屋の角切銀杏(すみきりいちょう)紋

もうすぐ、勘太郎から勘九郎に進化する襲名披露公演が始まります。
会場では銀杏柄の着物や帯がたくさん見られることでしょう(?) 音譜


↓↓↓応援クリックくださると嬉しいです♪♪♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ

手仕立付き!オリジナル創作刺繍帯 銀杏にインコ 和服 呉服 着物【正絹】西陣織 刺繍九寸名古...
みまつ ギンナン割り ギンナンクン銀杏の殻割り専用ハサミ 日本製銀杏割り鋏