2011年12月31日土曜日

卵を使わないケーキ(炊飯器で作るバナナケーキとキャロブケーキ)

今年のクリスマスケーキは、蒸パンミックスを使わずに作ってみました。

先月ケーキを作ったときは、「あな吉さんのゆるベジ野菜100%のおもてなしバイブル」に載っていたリンゴで作るバラをケーキの上に載せてデコレーションしたので、今月はイチゴを載せたケーキにしました。

リンゴで作るバラは、見た目は凄く作るのが難しそうに見えるれども、本に誰にでもできると書いてあるとおり、実はとーっても簡単で、私にもできました。バラのピンク色はりんごの皮と梅酢で色をつけるので、りんごは皮が真っ赤なものを選ぶとよいですよ。

さて、今回のケーキです。

 一個目。
クリームがぐちゃぐちゃになってます(笑)

二個目。
黒糖パウダーをかけてクリームのぐちゃぐちゃをごまかしてあります(笑)。
イチゴが大きかったのでケーキが小さく見えます(笑)

レシピを聞かれたのでメモっておきますね。


★卵を使わないバナナケーキとキャロブケーキのスポンジの作り方★(五号炊きの場合)

1)フードプロセッサーに、バナナ2本、レモン汁大さじ1、てんさい糖大さじ3、キャノーラ油大さじ2、豆乳大さじ3を入れてガーする。

2)ボールに、薄力粉170g、アルミフリーのベーキングパウダー小さじ1と1/2、重曹小さじ2/1、塩ひとつまみを入れて泡だて器で混ぜる。このままだとバナナケーキ、ここにキャロブ(いなご豆)パウダー大さじ2を加えるとキャロブケーキになります。

3) 2)のボールに1)を入れて混ぜる。

4)炊飯器にキャノーラ油小さじ1を入れて、底と周囲の下から5cmくらいまでに手で塗る。(こうすると炊飯器が傷みません。炊飯器によってはオイルを塗らないと内側のコーティングがはげることもあるので注意。)

5)炊飯器に3)を入れて、普通に炊く。

炊飯器にもよりますが、だいたい30分前後でできあがります。
中心部分の焼きが足りないと感じたら、もう一度炊飯器に入れて二度炊きすればOK。

冷めたら半分にスライスして真ん中にクリームを塗って好きなフルーツをはさみます。スポンジだけ前夜に作っておいて冷蔵庫に入れておくと当日楽です。今回はスポンジをそのまま使いましたが、炊飯器で作るケーキは形が炊飯器型(ドーム状)になってしまってクリームが塗りにくいので、大きさが小さくなってもかまわない場合は、上下と周囲を薄くスライスして平面にしてもよいです。

バナナケーキのスポンジ
これはひっくり返した状態です。

キャロブケーキのスポンジ

どっちのスポンジもバナナが練りこんであるので、デコレーションしないでこのまま普段のおやつに食べてもおいしいです。

クリームは、豆腐で作ってもいいし、 本物の生クリームを泡立てて作ってもいいし、ニセモノのホイップクリーム(植物性のもの)を泡立てて作っても、お好みで。甘味はアガベやメイプルシロップ、あるいはハチミツなどお好みで。

健康を考えた場合、もちろん、豆腐から作るクリームが一番ヘルシー。植物性のホイップクリームは、つまりはマーガリンと同じで、体にはよくありません。

おいしさと見た目を追及するプロは、牛乳から作られている本物の生クリームと植物性のニセモノのホイップクリームをミックスして泡立てるんだそうです。

クリームをホイップするときは、ハンドミキサーがあれば一番便利ですが、うちにはハンドミキサーがないので、フードプロセッサーでガーしてます。すぐに泡だって便利。量が多い場合はジューサーを使ってガーしてもいいかも。 ガーする前にジューサーやフープロの器を冷蔵庫で冷やしておくとよいですね。

それにしても、クリームを塗るのってホント難しい。あせる
いつもドキドキです。
文句を言わずに食べてくれる子どもたち、どうもありがとう。


応援クリックしてくださると嬉しいです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ



2011年12月23日金曜日

銀杏拾い

今生初の銀杏拾いをしました。

 アップで見ると梅干みたいです。

タッパに水を張って銀杏を浸けたところ。
こうして二日くらい実をふやかしてから、中身の種を取り出すんだそうです。
イチョウ並木の何十本ものイチョウの木のうち、メスの木は20本に1本くらいでした。どうやって見分けるかというと、銀杏が落ちているかどうかとういことで(笑) あとは、あの臭いです(笑)

早朝、落ちたイチョウの葉っぱの上を歩くのも気持ちよかったです。

↓↓↓応援クリックくださると嬉しいです♪♪♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ


2011年12月22日木曜日

エコール・クリオロのサブレ・ショコラ、卵の入っていないクッキー

お土産にECOLE CRIOLLLOのクッキーをいただきました。

卵の入っていないクッキーです。

種類はサブレ・ショコラ

アーモンドがトッピングされてます。

カソナードというのは、日本洋菓子協会連合会のHPによると、

熟したサトウキビの茎を圧縮して汁を絞り、蒸発させて結晶化したものです。精製前の段階の香り豊かなブラウンシュガーで、粉末や固形などいろいろな形をしたものがあります。飲み物に入れたり、製菓にもさまざまに利用します。

というものだそう。

千川と中目黒と上野にショップがあるみたいです。

フランス人のパティシエが作るクッキー、おいしかったです!

↓↓↓応援クリックくださると嬉しいです♪♪♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ

2011年12月20日火曜日

ざくろジュース

プレゼントでざくろジュースをいただきました。

順造選ざくろジュース
色がきれいだったのでワイングラスに注いでみました。

酸味があってさわやかな飲みごこちでした。

女性の健康に良いざくろジュース、実は男性にもよいのだそう。

前立腺ガンにざくろが効果的 名古屋市立大学の研究(順造選ざくろジュースのページ)


そういえば、子どものころ、ざくろの実の透明のプチプチが好きでした。スマイル

↓↓↓応援クリックくださると嬉しいです♪♪♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ

2011年12月19日月曜日

卵の入っていないマヨネーズ対決

蒟蒻と大豆ベースのマヨネーズ マヨール
東急プレッセで安売りしていたので買いました。

前回マヨールを買ったのは小田急のスーパーで安売りしていたときでした。
つまり私はマヨールは安売りしているときしか買わないということのようです(笑)
マヨール好きなんですが、高級品なので。

せっかくなので、原材料比べをしてみます。  

マヨールの原材料
食用植物油脂、こんにゃく、りんご酢、砂糖類(水あめ、砂糖)、食塩、大豆、粉末状植物性たん白(大豆)、増粘多糖類、酵母エキス、香辛料、香辛料抽出物
 


日清マヨドレの原材料
食用植物油脂、醸造酢、還元水飴、食塩、でん粉、濃縮洋梨果汁、増粘剤(キサンタンガム)、調味料(アミノ酸等)、濃縮にんじん汁、野菜エキス、酵母エキス、紅花色素、香辛料

 


いろいろ見えてきましたね。
ついでに、もういっちょ見てみましょう。

オーサワの大豆マヨの原材料
食用こめ油(国内産)、大豆(国内産)、りんご酢(国内産)、米飴(国内産)、食塩(一 の塩)、馬鈴薯澱粉(国内産)、香辛料(からし(カナダ産)、こしょう(マレーシア産) 



お値段が高いだけあって、これが一番ヘルシーですね~。

あ、こんなのもありました。

ノンエッグ マヨネーズタイプの原材料
食用植物油脂(なたね油:遺伝子組換えでない)、 米酢、食塩、香辛料、安定剤(微小繊維状セルロース、キサンタンガム)、 乳化剤(加工でんぷん)、増粘剤(加工でんぷん)



卵を使っていないマヨネーズは他にもいくつかありますよね。
昔はマヨドレだけだったけれど、今はずいぶん増えたなあと思います。キラキラ

*以前ご紹介したソイマヨは現在は製造していないようです。

↓↓↓応援クリックくださると嬉しいです♪♪♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ

2011年12月2日金曜日

ジャスミンの冬越しメモ ハイビスカスもおまけに

急に寒くなったので、ジャスミンの冬越しメモ(ほぼ自分用)です。

アラビアジャスミン 一重咲き
 室内 5℃以上 日の当たるところ
 水遣りは週に2回
 肥料は月に1回

アラビアジャスミン 八重咲き(グレイスフルレティー)
 室内 5℃以上 日の当たるところ
 水遣り 週に2回
 肥料 月に1回


マダガスカルジャスミン
 室内 5℃以上 直射日の当たるところ
 水遣り 週に1回 
 肥料 月に1回 
 *半分切り戻してから室内に入れる


ホワイトプリンセス (一重咲きジャスミン)
 室外 -5℃以上 日の当たるところ
 水遣り 週に1回
 肥料 月に1回
 







ステファネンセ (中国ジャスミン)
 室外 -5℃以上 日の当たるところ
 水遣り 週に1回
 肥料 月に1回


ところで、最後のステファネンセは、一度も花が咲かないまま冬になってしまいました。トホホ。妹のところの鉢も花が咲いてなかったので、なかなか花が咲かない品種なのかもしれません。 来年は咲くかな?

ホワイトプリンセスは冬も外に出しっぱなしでよいし、10月末まで花が次々咲き続けたしで、やっぱりこれが一番のオススメ品種です。


ついでにハイビスカスの冬越し情報もメモっておきます。

ハイビスカス
 室内 5℃以上 日の当たるところ
 水遣りは週に1回
 肥料は与えない



お水をあげるときはたっぷりと!



↓↓↓応援クリックくださると嬉しいです♪♪♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ