2011年3月12日土曜日

サンリツのカンパン

東京は今のところ大丈夫ですが、
ニュースの映像を見るたびに胸がつぶれるような想いがします。


数ヶ月前、うちの防災リュックに入れていた缶入りカンパンの賞味期限が切れてしまい、その後補給していなかったので、今朝、スーパーに買いにいきました。袋入りのサンリツのカンパンです。

福島の原発の影響で電気が十分に来なくなるとか、
有害な化学物質が雨に混じって降ってくるとか、
これからいろいろな問題が出てくると思います。

いざというときの非常食を蓄えていないお宅は
これを機会に確保したほうがよいかも知れません。

それに、余震も続くでしょうから、皆さん本当に気をつけてください。

まず第一に、被災地の方に十分な食糧と水が届けられますよう心から祈ります。


2011年3月11日金曜日

パンダを見たらパンダさんの店に インド精進料理ジャガンナート


 今、世間では上野動物園のパンダちゃんの話題
で盛り上がっているようなので、
年末に入谷のジャガンナートに行ってきた
ベジ仲間からのメールの一部を紹介しまーす。


今日はゆうごはんにパンダさんのカレー屋さんに行って来ました。
・・・値段もびっくりするほど安かったす。
・・・帰るころにパンダさんも来て、
「自分が安全なものを食べたいから作った。儲けはなしよ」と言っていました。
今年の4月にオープンしたばかりなんだそうす。
・・・ジャガンナートはアルコールも出さないし、禁煙だし、、BGMもやわらかいバジャンだし、にんにくもとうがらしもないの、(にんにくは使っているメニューもあるの聞いてみてください)本当にお寺出される料理みたいす。
・・・普通のインド料理に慣れていると物足りない味かもしれませんけど
スイーツとお変わり自由のお茶の激安セットもあります。
安すぎるからつぶれないといいなあ。


この店は、たまに見ているなぎ食堂のブログに、確か去年の夏くらいに、
「入谷のジャガンナートに行ってみたい」
というようなことが書いてあったの
きっといい店なんだろうなと思っていたのですが、
ヒンドゥー教のお寺で出される精進料が食べられるのですね。

いいですね~。
 
ちなみに、入谷は上野動物園からも近いですよ。音譜

*追記*
2011年4月21日より、シェフが変わって普通のインド料理(ノンベジ+唐辛子いっぱい)もアルコールも出す店になってしまったそうです。哀しいですね。地震と放射能が怖くて前のシェフがインドに帰国してしまったのでしょうか??? 一応ベジ料理も残っているそうです。


入谷ジャガンナート
東京都台東区下谷3-1-25
TEL:03-3871-4950 
営業時間:11:00~14:30 17:00~22:30
無休

↓↓応援クリックくださると嬉しいです♪♪♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ

日本ブログ村ランキング
--------------------------------------

2011年3月4日金曜日

ベジタリアン + プラスの条件

ベジタリアン歴が比較的長い我が家の食品の選択基準は、

  乳製品以外に動物性のものが含まれていないこと

これは絶対に外せない最低条件なのですが、
それプラスの条件となると、案外自分の中でも優先順位はけっこう曖昧です。

菜食にプラスする好ましい条件をランダムにあげていくと、

● 国産であること

● 食品添加物が使われていないこと

● 調理に使われた油が酸化していないこと

● 白砂糖が使われていないこと

● 農薬と化学肥料が使われていないこと

● 製造元の会社や生産者が悪事を働いていないこと

● 遺伝子組み換えがされていないこと

などといったことが頭に浮かびますが、
既成のものでこれが全部あてはまる理想的な食品はあまりないし、
あっても、すごく高かったりまずかったり(笑)。
だから、外食する場合ほどんど無理
ホント、難しいですよね。
もしかしたら、妥協して食べているもののほうが多いかも知れません。
なにせ、動物性のものが入ってないだけで有り難いですから。

でも、なるべく理想に近い食事がしたいので、
そうなると、やっぱり今日も「うちごはん」です。

菜食プラスの条件とその優先順位は、人によってさまざまだと思いますが、
そうしたことを考えるときの参考に、二冊の本をご紹介いたします。

「食品の裏側」 安部司 著

食品添加物を売っていた方が書いたこの本は、
ずいぶん売れたそうなので、ご存知の方も多いと思います。

私がこの本を読んで初めて知ったのは、

・食品添加物は営業マンが営業して売っている
・食品添加物はすべて白い粉状
・ブドウ糖果糖液糖とは何か
・たんぱく加水分解物とは何か
・キャリーオーバーの存在とその表示
・表示義務のないものの存在
・ファストフードやファミレスの野菜はほとんど中国産

等々、たくさんあって、だいぶ勉強になりました。
白い粉だけでいろいろな飲み物やスープができてしまうのは驚きです。
ビタミンCがレモンの何倍という一見健康的に見える飲み物も、
実は白い粉で細工した砂糖どっさりの液体なのでした。


「食物と健康と霊性」 医学博士 小窪正樹 著 

私がこの本を読んで印象深かったのは、

・ジャンクフードは中毒になる(ジャンクフード症候群)
・遺伝子組み換え作物による害の実態
・牛乳を多く飲んでいる国ほど骨粗しょう症が多い

等々ですが、この本には、大豆を多く採ることで乳がんのリスクが減るとか、
現職のお医者さんが書いているだけあって、
医学的なデータに基づいた菜食の有用性が満載されています。

現代日本の食品の実態を知っておくことは
未来の子どもたちのためにも大切なこと。
だからこそ、悲観的にならずに、ポジティブに考えて、
よい食品に出合ったら生産者の方に感謝の気持ちを示したいなと思います。


↓↓応援クリックくださると嬉しいです♪♪♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ

日本ブログ村ランキング
--------------------------------------




2011年3月2日水曜日

レスポートサックの偽物の見分け方



ベジタリアンになってから、革製品も避けるようになったので、年を追うごとに家にレスポ(レスポートサック Lesportsac)のバックが増殖しております。
 
レスポは月にいくつも新柄を出しますが、人気柄はすぐに完売してしまい、結果、中国製の偽物が横行することに。

でも、その見分け方がよくわからない人が多いみたいなので、よくわかる見分け方を少々ご紹介しますね。

本物のレスポのバックも、昔はアメリカで作っていましたが、今は大半が中国製。一部コスタリカなどもあるようですが、もうアメリカでは作っていません。だから、縫製だけ見ても偽物との見分けは無理。どっちもそれほど良くないから(笑)

ヤフオクなんかのオークションで、安すぎるレスポ(国内定価の1割くらいの値段)で、 品物は海外からお届けと書かれていて、発送元の国が明記されていない場合、それは大抵中国本土らの発送で、その場合、まず偽物と思って間違いありません。

今、レスポの偽物が一番出回っている柄AIRのライン。たとえば、 
TOKIDOKI(トキドキ)とのコラボ シリーズと、
Fifi Lapin(フィフィ ラパンというウサギ柄)とのコラボ シリーズ。
など。

海外には、Lesportsac Online Storeというニセモノ販売専門サイトもあります。ここ、名前がもっともらしいので、一体、全世界でどれほどの人が騙されていることか。URLも上手いこと作っていて → http://www.lesportsacus.com と、lesportsacのあとにusを付けたりしています。サイトのかわいいイラストは、韓国のレスポの公式サイトから無断で拝借しているもの。そして、さらに上手いなあと思うのは、本物ですとも、ニセモノですとも、サイトのどこにも書いてないところ。発送元の国も書かれていない。さすがプロです。

さて、ファスナーが違う場合、見分け方は簡単です。

ちなみに、これは本物のTokidokiのファスナー。
レインボーカラーのきれいなファスナーですが、開閉の際に布地に咬みやすいのが特徴です。

 
そして、オクに出ていたこちら ニセモノのレインボーファスナー。

違いは一目瞭然ですね。

でも、もっと巧妙なニセもあって、たとえば、以下の画像は i Offer (http://jp.ioffer.com/)というサイトから持ってきたものですが、偽物ですよ~。

 
まず、この偽物画像↑を見てみましょう。

この柄は、TOKIDOKIFamiglia。柄だけ見てもよくわからないので騙されてしまいます。マスコットも付いてるし。

でも、型に注目すれば誰にでも容易に偽だと見破れます。
画像の品の場合、本物のTOKIDOKIのシリーズには、この型はないんです。

ニセモノを見破るチェック項目ポーチ

もしAIRのシリーズにポーチが付いていたらそれはニセモノです。


さて、同じサイトにあったこちら↑は、フィフィのDress up(ドレスアップ)という柄の偽トートです。

これも、赤の色がついている部分がにじんでいたり、グリーンが濃かったりで、ちょっとニセくさいかも・・・と感じますが、やはりパッと見ではなかなかわかりません。

さらに、このバックの場合、本物にもこの型があるという点が、見極めをより困難にさせています。

せっかくなので、本物の画像も載せておきましょう。
これ↑が本物のフィフィのウィンドウショッパートートの画像です。

比べると何となくわかりますが、単体画像だと微妙ですよね~。

よーーーく注意して見ると、取っ手の長さが微妙に違います。画像だけじゃよくわからないかも知れませんので、説明しますと、

この型はWindow Shopper Tote(ウィントウ ショッパー トート)というもので、
持ち手の長さは、レスポの公式サイトによると、
ショルダー長さ:(約)40.5cm
で、肩掛けは女の子だったら、かろうじてできないことはないですが、きついです。 

なので、2010年以降に生産された本物のレスポのAIRシリーズのトートは、
名前をDouble Trouble Toto(ダブル トラブル トート)と変えて、
大きさは前と同じで、持ち手の長さだけ
ショルダー長さ:(約)49.5cm
肩掛けできる長さに改良してあります。

そして、問題の上の画像のトートを見てみると、2009年に発売されたトートのはずなのに、持ち手の長さが最新型の長さ、つまり、長いです。

よって、このトートは偽物と判断できます。

また、さらなる見極めのために、オークションでフィフィの偽物を買ってしまった人が本物との違いを公開しているブログがあったので、こちらもぜひ、参考にしてみてください。ちなみに、ここで公開している偽物のフィフィのバックはAIRシリーズでは作っていないデラックスエブリデイという形のショルダーです。これはあり得ません。

フィフィのシリーズの本物の型は、LeSportsac 2009 spring & summer公式ファンブックという付録付きの雑誌(ムック本)に載っているので、フィフィのシリーズをオクや海外サイトから買おうとするなら、まず、このムックで型をチェックしてくださいね。

それから、やぱり紙タグ付きのものを選んだほうが安心ですね。

新品の場合、
1)レスポのタグ
2)レスポの紙のカード(名刺大)
3)検品カード(1cmx3cmくらいのもの) 
の3つが付いているかどうかを必ず確かめてくださいね。

これらが付いていなくて、楽天のショップで激安で売り出されているものは
ニセモノ、あるいは、検品の際に不合格となって廃棄処分となるはずのものが市場に出たものと思われます。

そういうレスポは、たとえばパテント系の場合、生地が曇っていたり、石油臭かったりします。

曇りはベンジンで拭いてから中性洗剤で洗うと、ある程度は取れるようです。

ところで、日本国内のレスポの直営店で買うと、紙タグはレジで取られてしまいます。

さて、AIR以外の普通のものの過去柄をオクなんかで買うときは、アメリカの公式サイトのアーカイブのページ過去柄チェックをするとよいです。年代別の過去柄を見ることができます。全部の柄が載っているわけではないのですが、参考になりますよ。偽物によっては、「トリムの色が違った」のでバレた、なんてこともあります。

それと新品のはずなのに「変な臭い」がするとか、生地が「ベタベタしている」というのもニセものです。(20年くらい経つと本物のレスポも生地がベトベトしてくることがあるようです。昔の裏地の付いていないレスポの内側など特に。)

最後に、参考までに、日本とアメリカの公式サイトのリンクをはっておきますね。

レスポートサック ジャパン オンライン ストア
LeSportsac