2011年11月29日火曜日

玉ねぎの代わりに大根で作るナポリタン

最近のお気に入り、玉ねぎの代わりに大根で作るナポリタン

巨大な大根をだぶって買ってしまったことがあって、試しに大根でナポリタンを作ってみたところ、とてもおいしかったのでした。クラッカー

フライパンにオイルを入れて中火で熱します。

フライパンを熱している間に、大根の皮をむいて薄めに切ります。量は好みで。1ピースの幅は1cmくらい。 この写真よりも、もっともっと薄くカットしたほうがよいです。(薄ければ薄いほど見た目が玉ねぎっぽくなります)(大根をしなしなにさせたいときは塩少々でもみます)
 
大根をフライパンに並べて、透明になるまで中火でソテーします。私は少し焦げ目がついているほうが好きなので、焦げ目がつくまでソテーしました。焦がしすぎないように注意。

以上の作業はパスタをゆでている間にできますよ~。

パスタは針ほどの芯が残るくらいの固さでお湯から上げるようにします。(これはラベットラの落合さんの本に書いてあったパスタの湯で加減の見極め方法) 
メーカーによるのだけれども、袋に書いてあるゆで時間より1分から2分くらい短くするとよいです。

パスタが茹で上がったら、フライパンにパスタとゆで汁少々を入れて、大根とまぜまぜします。

ナポリタンのトマトソースは、速くしあげたい場合は、ケチャップをそのまま投入してパスタと混ぜます。塩とお酢を少々加えて味を見て仕上げます。

時間があるときは、トマト ジュースやトマト缶のトマトに、塩とてんさい糖とお酢を加えて、煮詰めて作ります。この場合はパスタをゆでている間ではなく、パスタをゆでるためのお湯を沸か し始めるのと同時くらいに作業を始めます。お酢は米酢でもワインビネガーでもお好みで。赤ワインを少々加えてもよいですよ。

でき上がり。今回は大根を厚くカットしてありますが、薄くスライスすると見た目も玉ねぎっぽいので、何も言わないで出して驚かせたりしても楽しいかも。スマイル

あればピーマンの薄い輪切りを生でトッピングします。
生が苦手な場合は、ソースと合えるときにいっしょにパスタとまぜまぜして、余熱で少しやわらかくしてもOK。
もっとやわらかくしたい場合は、大根をソテーしているとき、最後の数分間、いっしょにソテーするといいですね。

好みでベジタリアンでも大丈夫なパルメザンチーズを添えます。

大根は皮を厚めにむいてとっておいて、後でキンピラにしました。大根の皮のキンピラはまいにちVegiのブログのレシピで見て作ってみたら、歯ごたえがあってとってもおいしかったので、何回か作りました。人参といっしょにキンピラにしてもグッドです。

↓↓↓応援クリックくださると嬉しいです♪♪♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ