2011年11月28日月曜日

生協パルシステムの圧搾しぼりの菜種油

生協(コープ/COOP)パルシステムの圧搾しぼりの油です。非加熱で薬品を使っていないので安心して使っています。

こちらは、圧搾一番しぼり菜種油 キャノーラ油


オーストラリアの遺伝子組み換えでないキャノーラ種の菜種をしぼったオイルです。


こちらは、圧搾しぼり 国産菜種油


450gの小瓶です。

国産だから、ちとお高いので、大切にちびちび使っていたのですが、
ある日、「あ、賞味期限が切れてる!」と気がついて、
慌ててドバドバ使いはじめたところ、
今日、この写真を撮っているとき、1年まちがえていたことに気がつきました・・・

あ~もったいないことをした。

でも・・・

国産の菜種油は、ほぼキャノーラ種でないのであまり採らないほうがよいのです。

国産で唯一といわれるキャノーラ種の菜種油があります。
それはキラリボシという菜種から搾ったオイル。

商品説明によると、


山形市大郷地区の畑で、完全無農薬栽培で育てた「キラリボシ」という菜種だけで作った、まったく混ざりもののない菜種油です。
キラリボシは2004年に品種登録された比較的新しい菜種ですが、心肺機能に障害を引き起こすエルシン酸を含まないのが大きな特徴です。
また悪玉コレステロールを低下させるといわれる「オレイン酸」を多く含んでいます。
成分的にはオリーブオイルに近く、ドレッシングや炒め物、揚げ物まで幅広くお使いいただけます。
安心安全で美味しい植物性油ですので、どうぞお試しください。

だそうですよ。

応援したいですね。

東北農業研究センター キラリボシについて

山形県三川町公式サイト 三川町産キラリボシ使用「菜の花油」

菜の花について考える 

↓↓↓応援クリックくださると嬉しいです♪♪♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ
.