2011年9月13日火曜日

金沢土産と熊谷土産とお月見

まずは金沢のお土産です。

毬栗(いがぐり)という栗入り高級きんつばでありました。
染でたとえるならご当地加賀友禅のようなきんつばです。

昨夜の美しい十三夜十五夜
のお月様にお供えして食べました。

「月々に月観る月は多けれど
月見る月はこの月の月」 詠み人知らず

栗名月にはぴったり・・・ じゃなかった。栗名月は来月なのね。

十三夜は旧暦の9月13日のことで、今の暦だと今年は10月9日だそうです。昨夜の十五夜は旧暦の8月15日にあたる中秋の名月で、6年ぶりに15夜が満月にあたったとのこと。十五夜も十三夜も満月のことかと思ってた。が、そうじゃなかったのね~。でも、やっぱりお月見といえば満月ですよね~。そしてお団子とススキ

話を戻して、金鍔(きんつば)ですが、

中田屋さんというところのもので、
季節限定のお菓子。
この時期、金沢に行かれる方はラッキーですね!

さて、お次は埼玉の熊谷土産です。

聖天最中なるものでありました。


こちらの最中は妻沼聖天山のお土産で、
最中の皮に本殿秘仏に見立てたお野菜の型押しがありました。
ご利益がありそうなおいしい最中でした。

このお寺は8~9年にわたる修復工事が今年済み、
本殿外壁の彫刻の鮮やかな色彩が再現されたのだそうです。

来月、10月19日には、秋季柴灯大護摩火渡り
が行われ、一般参加もできるようです。なんと女性も!
火渡りをしてみたい方は、ぜひ問い合わせてみてくださいませ。

↓↓↓応援クリックくださると嬉しいです♪♪♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ