2011年9月6日火曜日

梅を干す

本当は7月の土用の丑の日ごろに干すのがいいそうなんですが、
よく調べなかったので、結局、だいぶ遅く、
8月のお盆すぎに干すことになってしまいました。

重さが半分になるくらいまで2、3日干すんだそう。

干し始めの梅
ざるは100円ショップで購入。

 もうそろそろ干し終えてよいのか、どうなのか? という位の梅

梅アップ

梅酢も太陽に当てておくんだそう。
でも何に使っていいかよくわからないので、
梅酢の活用法 を参考にしてみます。

さて、初の梅干作り、ネットで調べると、人によって作り方は千差万別。
その中から、とってもシンプルで合理的で簡単そうな二つを参考にしました。

歓びの種~専業主婦は楽しいぞ~
 (ブログ)
この↑ブログはとってもとっても参考になりました。

うちではタッパとジップロックで浸けてみました。
重石は辞書をジップロックに入れたものと、
お水をジップロックに入れたものを使用。

梅のある生活
(ショップのHP)
こちらも少し参考にしました。

(ところで、男性が「趣味」で作っている系のものは、
必要以上にやたらと手間と時間がかかるものばかりなので、
くれぐれも参考にしないほうがよいですよ)

これはタッパ+水の重石で浸けたものの記録写真。
下に塩が溜まっていますが日が経つと溶けていきました。

干し終えたら2、3ヶ月寝かせると
塩味がマイルドになるのだそう。

原材料は梅と塩と、消毒に使った焼酎のみで、
赤紫蘇を入れない白い梅干(白梅)です。
これ「関東干し」「白干し」とも言うんだそう。

で、プロの梅干屋はどうやって作ってるのか
知りたくなって、調べてみました。
梅の名門 長生き屋の梅干しができるまで

なるほど。

↓↓↓応援クリックくださると嬉しいです♪♪♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ