2011年2月25日金曜日

ベジタリアンでも使えて、しかも、ほぼノンケミで、敏感肌でもほぼ大丈夫な日焼け止め 2011年春

東京では今日、春一番が吹きました。

そろそろ、きちんと日焼け止めを塗らないといけない季節です。

私は数年前まで日焼け対策をしっかりしていなかったので、
今、大変なことになってます!あせる

でも、面倒なので(笑)、それほど過剰ブロックはしていませんが、
改心して、前よりは気をつけるようになりました。

敏感肌ではないのですが、日焼け止めには、なぜか
敏感に反応してしまい、なかなか使えるものがなかったのですが、
以下の2点はほぼ大丈夫でした。同じような方の参考になれば幸いです。

パックスナチュロンのUVクリーム
SPF15PA++


パックスナチュロンUVクリーム(日焼け止めクリーム) 45g【あす楽対応】【楽ギフ_包装選択】

PA値だけ見ても、実際のところ何時間もつのか、
アホな私はすぐに計算できないので、
お名前シールに時間を書いて貼って使ってます。

SPF1=20分(日焼けして肌が赤くなるまでの時間、個人差あり)として、
これは5時間。(SPFというのは日焼けして肌が赤くなるまでの時間を何倍延ばせるかを示す値。もちろん、その日の太陽光線の強さ等によって変わってしまいます)ただし、これは各メーカーが人体実験で厚塗りして出した値だそうなので、一般人の普通の塗り方だともう少し短くなります。


使用されているスクワランは、
動物由来(深海鮫の肝臓の油)ではなくてオリーブ由来です。

グリセリンについても、太陽油脂のHPのQ&A
太陽油脂の場合は、パームなどの植物性油脂を石けんにしたときにできてきたものを使いますので、植物性グリセリンです。
とあったので大丈夫です。

さらに、私としては50nm以下のナノ粒子が使われていない日焼け止めが望ましいので、去年、酸化チタンの粒子の大きさと、酸化チタンにコーティングがされているかどうか(コーティングしていないと活性酸素が発生)を問い合わせたところ、
酸化チタンの粒径は、一個が約50ナノメートルとなっておりますが、
性質上一個では存在できず10個以上の固まりとなっているため
クリーム中の実際のサイズは0.5マイクロメートル以上になっております。
酸化チタンはシリカでコーティングしたものを使用しております。
という回答をいただきました。

なので、ひとまず安心して、冬の間はこれをデイリー使いにしていました。

ただし、のびがあんまり良くないので、
アットコスメの口コミを参考にして、
化粧水を1、2滴混ぜて使うようにしたところ、使いやすくなりました。

肌の反応については、残念ながら、私の場合ちょっと痒みが出ることがあるのですが、たまになのであまり気にはなりません。


そしてこちらは、ナチュラルコスメのユーザーにはとっても有名な
オードヴィーブのサンスクリーン。
SPF25 PA++
厚塗りすれば8時間18分有効です。

こちらの酸化チタン酸化亜鉛もコーティングしてあって、
コーティング剤はシリカとステアリン酸なので、ひとまず安心です。

もちろん、動物由来のものは一切使われていません。
テクスチャーはさらさらなので、塗りやすいです。

ただし、こちら、お値段がはるので、
ちょっとお安くなっている旧容器のものを使っています。
(残念ながら旧容器のものは完売してしまったようです)

肌の反応は、少々つっぱるような感があります。

以上2点は、メイク落としで落とす必要がなく、
石鹸だけで落とせて楽です。
肌にもあまり負担がかからないので、いつも軽い感じです。

【送料無料】天然成分だけ!無添加の日焼け止めクリーム☆美容成分たっぷりで肌にイイ紫外線対...

普段は、どっちかの日焼けどめの上にシルケンアースのパウダーをはたくだけ。お出かけのときは、さらにその上に24hコスメのノンナノパウダーファンデをつければ、何とか見られます。これだと、石鹸洗顔だけで落ちるので、とっても楽です。ノンケミ系コスメは、一度使ったらとても元には戻れません! ついでに、ママ医学生のこの話(美容界の現実)、私もそうだよなあ・・・と思いました。

さて、これら以外に、

・資生堂 サンメディックUVデイプロテクト マイルド SPF50+++
・資生堂 サンメディックUVデイプロテクト ノンケミカル SPF31 ++

は、日焼け止めへの敏感な反応という点においては、ほぼクリア(どちらもほんの少し痒みが出ることがありますが) して いるのですが、植物性原料か動物性原料かについては調べていないので、
このブログではおすすめできませんが、参考までに。

サンメディックは、炎天下の野外スタジアムで長時間座り続けるような極限状態のとき(笑)用です。資生堂ですから、当然、ナノ化されているし、シクロメチコン、ジメチコンといった合成ポリマー(プラスティック)その他、人体に良くないものがいろいろ入っております。できれば使いたくないので、サバイバル用。

そして、もう一つ、

・松山油脂 モイストサンプロテクトローションM(日焼け止めローション) SPF18 PA++

敏感反応にはクリアしましたが、ナノ粒子が使われています。
この製品の動物由来原料については、わかりませんが、
松本油脂の製品全般における植物性由来の件に関しては、
HPのQ&Aに回答が載っていました。

私は去年、この日焼け止めを買ってしまったので、
使いきるまでは、仕方ないのでボディー用に使おうかと思っております。

それまでに、ベジでも使えるノンケミの高価でないボディー用の日焼け止めが商品化されているといよいのですが。

あ、それと、生協のパルシステムオリジナルの日焼け止めも
松山油脂が製造しているので、主成分は上記のものと同じだと思います。


↓↓応援クリックくださると嬉しいです♪♪♪ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ




パックスナチュロンUVクリーム(日焼け止めクリーム) 45g【あす楽対応】【楽ギフ_包装選択】