2009年5月23日土曜日

カイガラムシ


コチニール(別名カルミン)はカイガラムシ由来の色素
だということは、先日書きましたが、
うちの「ヨン」(という名前のシルクジャスミンの仲間の木
、正式名称は“ゲッキツ”月橘、ミカン科)の葉っぱや床が
べたべたして、甘露のようなものが付着していて、
何だろうと思っていろいろ調べたところ、
その粘着物質はカイガラムシの排泄物
だということがわかったのでした! (~_~;)

カイガラムシというものは
日本国内のものだけでも何と500種類以上も存在し、
世界中には何千種もいるそう。
今回うちのヨンについていたのは、
柑橘系を好む「ヒラタカタカイガラムシ」という子たち。
体長は1ミリ~3ミリ程度で、
どう見ても葉っぱや茎の一部
あるいはシミや汚れにしか見えない。


実際、移動は1時間に1ミリくらいしかできないとのこと。

子どものときはもう少し長い距離が移動できるそうですが、
大きさもおそらく1ミリ以下なので、移動できる距離はたがか知れてますね。
そしてなんと、このカイガラムシはメスだけで繁殖できるとのこと。
他のカイガラムシの場合は、たいていオスが羽を持っていて飛行ができるようです。

カイガラムシは、植物の茎や葉に長い口を刺して篩管液(しかんえき)を吸う
いわいる寄生虫で、なんと一度定着すると一生そこに定着したまま
まったく動かずに一生を終えるカイガラムシもいるそう。
ある意味、凄い一生!

カイガラムシ(介殻虫)はその名のとおり、
体がさまざまな殻で覆われていて、
中にはその殻がロウのような物質でできているものもあり、
さらには綿のように見える白いもので体全体が覆われているものもあって、
それに火をつけてみると本当に火が燃えた! 
という実験をしていたブログもありました。

私が春先に目黒の植物園で見た葦に付いていた、

綿のかたまり? 
花? 
何? 
と思ったものは、
実はこのカイガラムシだったのか!!!

と一人で感動。

この種のカイガラムシは定着型で、
いったん定着すると一生その場から動かないで
そこからその植物の液を吸うため、
どんどん自分の体が排泄物(あるいは分泌物)で覆われていって、
時間の経過とともにそれが団子状になり、
そうとは知らずにその塊を草や枝から採取して、
ためしに半分にカットしてみたら、
中には生きたカイガラムシが入っていた、
うおー!!! 

てな具合になるわけです。

中にはこの排泄物を「巣」などと呼んでいる人もいるようです。

で、うちのカイガラムシの排泄物ですが、
これが、ほぼ透明の液体で、なんとも樹液そっくりで、
何の知識もなくただ見たら、どうみても樹液と思ってしまいます。
まあ、もともとカイガラムシは草木の篩管液を吸って生きているわけだから、
その排泄物が樹液や汁液そっくりなのは、当然と言えば当然。

で、昔は、(もしからしたら今も?)そういったカイガラムシの排泄物を
アルコールで溶かしてトロトロにしたものを、
高級ギター(マーティンとか)やバイオリンなどといった
弦楽器の仕上げに使う塗料として使っていたそう。
シェラックと呼ばれているのがその塗料。
日本人の感覚だと漆塗りでしょうか。虫ですが・・・。

塗るとやわらかい感じの光沢が得られます。
シェラックはチョコレートのコーティングにも使われている場合があるというので、
ああ、昔よく食べたチョコボールの表面のツルツルね、と納得。

このシェラックを作るためのカイガラムシは、
うちのミクロなカイガラムシとは違って、
体が大きくて(1センチくらい)排泄物(体表から分泌される)も
コブのような大きな塊になるラックカイガラムシ。←(ここに写真が載っています。) 

うおー凄い! 
これぞまさに定着型の排泄物団子形成タイプのカイガラムシ! 

さて、ラッカーの語源はラックカイガラムシである、という解説もありました。
そして、このカイガラムシの排泄物は、
シェラックのみならず、
「ラック色素」という赤系の着色料としても利用されております。

ネット検索していたら、

「ラックとは古代インドのサンスクリット語で10万の意味に相当し、
きわめて小さな虫が無数に集まっている状態にちなんでこの名前がつけられた」、

「ラックという名称は、サンスクリット語やヒンディー語の10万という数が語源だそうで、これは虫が微小であるため、かぞえるのが困難だからということである」

という解説が書いてあったブログがありました。

ラック = lac ですか、なるほど。

そういえば、ラックカイガラムシと人間との関わりというのは蚕のそれと似ていますね。

もしかしたら、インドのクムクムの色づけもラックで? 
と思って調べてみたら、

「ウコン(ターメリック)に灰とミョウバンをまぶして素焼きの壷に入れて土中に埋めて数十日熟成させて赤くしたものがクムクム」


とのことでした。

というわけで、ベジ情報としてまとめますと、

・ 「コチニール」 = コチニールカイガラムシを潰して(←画像)
得る着色料、別名カルミン色素。

・ 「ラック」 = ラックカイガラムシの排泄物(←画像)
で作られる着色料、シェラック塗料としても使用される。


ラックカイガラムシもコチニールカイガラムシも
日本本土には生息していないためか、
両方を同じエンジムシという名前で呼ぶ場合もある。

ラック色素はカイガラムシ本体は傷つけることなく
周囲の排泄物だけを採取することも可能だが、
今は当然、商業ベースなのでそのような採取方法はとっていない。

てなこんなで、明日はヨンの植え替えをしま~す。

余談ですが、以前、タイの田舎の学校に3ヶ月ほど留学していたとき、
本当に日々というか一刻一刻が虫との戦いで、
人類の歴史すなわち虫との戦いの歴史なりなどと思ったものです。
東京に戻ってきて、なんて虫のいない国なんだろうといたく感激いたしました。
タイにはもちろん、人間が戦う必要のない、おっとりした平和的な虫もたくさんいました。

↓↓↓応援クリックくださると嬉しいです♪♪♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ

2009年5月16日土曜日

日本ビーガンレストランポケットガイド2009-2010


Alaskaに置いてあった
「日本ビーガンレストランポケットガイド2009-2010」
出たばっかりの本のようです。

新しいベジ店がだいぶ増えていてびっくりしました!

本は本屋だと紀伊国屋と丸善、あとは、いくつかのベジカフェで買えるようです。

詳細は著者のヘルウィンさんのブログVegan Japanを見てくださいね。ブログにもいろいろなベジ情報が載ってますよ~。




『日本ビーガンレストランポケットガイド』
著者:へるうぃん ワルラーブンス
フルカラー、地図、二カ国語 、151店
164ページ
2009年2月出版
値段:1600円 (+80 税)

ベジタリアンのミュージシャン(1) 森俊二さん

思いがけずAlaska(アラスカ)にランチにいってきました。

カメラを持っていかなかったので写真はまた今度行ったときにでもアップするとして、今日はご自身もベジタリアンであるアラスカのオーナー、"Natural Calamity"森俊二さんのご紹介です。

森さんのインタビュー
JT スタイル カフェ
















"UMAUMA" by UMAUMA

これは"Natural Calamity"とは別のユニット"UMAUMA"(ウマウマ)のアルバム。サーファーでもある森さんのHawaii~な雰囲気が出ていますね。

本当にアラスカはいつ何を食べてもすごくおいしい!!!
天然酵母のパンも売ってますよ。

Alaska
東京都目黒区東山2-5-7(火曜・水曜は18時まで)
TEL: 03-6425-7399

↓↓↓応援クリックくださると嬉しいです♪♪♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ





2009年5月13日水曜日

山形、文四郎麩


こちらは、山形みやげのお麩で、 文四郎麩というところのもの。

お土産をくださった方はこれまでほとんどお麩は食べなかったそうですが、 作っている工程を見学して、 いろいろ説明を受けて、 さらに、味見などもして、 お麩がこんなにおいしいなんて、と びっくりして、たくさん買ってきたとのこと。

ジャパニーズベジにはお麩はかかせませんが、 確かに、ここのお麩は おいしい。



このようなレシピもいただきました。


こっちはイラスト付き。

マサラチャイでわかったトランス脂肪酸


これは、白砂糖入りなので飲まないからと言って、
白砂糖をやめた家からいただいたインスタントティー
shanti(シャーンティ)マサラチャイ

ラベルを見ると日本で作って海外に輸出しているような。

英語表記の原材料と日本語表記の原材料が
イコールではなく、
日本語表記では、だいぶはしょってます。

ちなみに英語だと、
Tea Extract, Milk Powder, Non-daily creamer(corn syrup solids, hydrogenated soy & coconut oil sodium, caseinate, tricaicium phsphate, mono& diglycrides), Cinnamon Powder, suger, whey protein, natural & artficial flavouring.

この中のhydrogenated soy & coconut oil というのは
水素添加大豆油と椰子油
つまりマーガリンなどと同様体に
悪いトランス脂肪酸を含んでいるオイルであるということ。

うーん、そうか、今回これでわかりましたが、
おそらくこの製品だけでなく、
他のパウダータイプの飲み物に含まれている
植物性脂肪というのもすべて、
実はこの種の健康を害するオイルのことなんでしょうね。トホホ。

ちなみに、お味はおいしかったです。

お値段は1缶の場合、
楽天最安で1170円プラス送料630円也ということでした。

2009年5月12日火曜日

鶴屋吉信の本蕨と涼涼

GW前後から入梅までは初夏のさわやかな気候が嬉しい日本ですが、先日、5月生まれの旦那のお誕生日に鶴屋吉信の涼菓をいただきました。

和菓子は色素にコチニールが使われていることが多いのですが、こちらはそのようなものも入っておらず、安心していただけて嬉しい限りです。

コチニールは古代から世界各地で染料として使われてきたものすごく小さな虫で、集団でこびりついてあまり動くこともないので、昔の人はこれを虫とは思わずに、植物だと思っていたのかもしれません。インドのサリーや日本の帯や着物の染めにも使われています。

ご進物ではとらやの栗蒸羊羹もおすすめです。自宅用に買うにはちと高すぎですが。(^_^;) とらやのものは赤系の色出しにコチニールを使っていることが多いようですが、赤や桃色でないお菓子を選べば大丈夫です。


こちらが中味。

お好みで詰め合わせが可能なのかも。



ベジOKの水菓子4種。


本蕨の涼菓三種。


















2009年5月7日木曜日

大分、梅塩


福岡のお土産にいただいた
木の花ガルテン梅塩


おにぎりを作るときに重宝してます。


ベジ旅行に携帯するにも便利だと思います。











福岡のお土産でしたが、
大分のものでした。(^・^)




















↓↓応援クリックくださると嬉しいです♪♪♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ
日本ブログ村ランキング
--------------------------------------

2009年5月5日火曜日

京都、龍安寺の精進湯豆腐


会議で京都に行ったときに立ち寄った
龍安寺の境内にあるお食事処
精進湯豆腐 西源院 


京都には豆腐料理屋さんは数多くあっても、ベジも大丈夫というところはほとんどないのが現状。

しかし、こちらは精進の湯豆腐屋さんです。

境内はとっても広いのでちょっとわかりにくいかもしれませんが、石庭とはだいぶ離れた場所にあります。




お部屋は大広間で、そこにたくさんのちゃぶ台が置かれています。
お庭が見渡せます。


メニューは
精進御膳(湯豆腐付き)3300円
七草湯豆腐1500円
の二種のみ。
こちらは七草湯豆腐2人前です。
これに、ご飯等がつきます。


これはお庭から見たお座敷。





お庭の梅(2007年3月5日撮影)



2009年5月2日土曜日

福岡、ベジバーガー専門店


【追記】閉店してます。2014年に東京にお店がオープンする予定。

GWに旅行される方もいるかも知れませんので、
福岡のベジバーガー専門店
Mana Burgers をご紹介します。


大濠公園から歩いていける距離です。

東京にも是非とも、
できてほしいですね!!!


いろんなバーガーがありますよ。











↓↓↓応援クリックくださると嬉しいです♪♪♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ