2009年12月25日金曜日

歌舞伎座、小豆モナカアイス

今年は日本文化を少しお勉強しなければと思い立ち、

国立劇場の

「歌舞伎鑑賞教室」、
「文楽鑑賞教室」

等々を観て(鑑賞教室だとチケット安い)、

「日本刺繍」、
「詩吟」、
「三味線」(太棹)、
「香道」

のそれぞれ体験講座をプチっと受講してみたのですが(ほんの数時間です)、
そのしめくくり(?)に超ひさしぶりに歌舞伎座へ行ってきました。

建物が壊される前にやっぱりもう一度歌舞伎座に行っておきたいと思い、
今年の初めから始まった歌舞伎座さよなら公演
毎月演目や役者さんをチェックしていたのですが、
イマイチこれという興行が出ず、気づいたらもう師走。

で、やっとこの演目でこの役者さんならいいかも、
と思えたのが、12月の昼の部

「操り三番叟」(あやつりさんばそう)
「野崎村」(のざきむら)
「身替座禅」(みがわりざぜん )

そして、

クドカンの「大江戸りびんぐでっど」

というラインナップのもの。


が、その昼公演、ぐずぐずしてたらチケット完売。
しかも、ヤフオクでも2倍3倍の高値で落札されているほどの大人気。

20日すぎにやっと、公演直前の出品だったからか、
嬉しいことに定価以下で落札できて(^・^)(出品者さん、どうもすみません)、
急遽、この急がしい時期に(旦那さんごめんなさい
)歌舞伎座に行って参りました。

で、問題は幕間(まくあい)のお昼ごはんです。

事前に歌舞伎座のHPでチェックしましたが、
当然というか何というか、国立でも新橋でも新国そうですが、
ベジタリアンが劇場で幕間に食べられる食事、
ありません(涙)・・・

あえて一部残せば大丈夫かなというものが、

「さざんか」 太巻きの卵などを取り除けば可(?)



「歌舞伎そば」 海老蔵風に塩でいただけば可。

ですが、今回は安全なマイおにぎりを持参し、つつ、
幕間に全部の売店を再チェック。

すると、3階の売店にお赤飯にちょこっとおかずが付いた
「赤飯弁当」というのが売られていて、
これならおかず部分を除けば大丈夫でした。

ついでに見た3階には
「めでたい焼き」という歌舞伎座名物のたい焼きの屋台があって、
紅白の小さな丸餅が入ったたい焼きが売られていたのですが、
屋台のおじさんに聞いたところ、
申し訳なさそうに「卵入ってます」とのお返事。
残念。

それから次に別の幕間に見つけたたのが、こちら↓


1階の西側売店で売られていた「歌舞伎座最中アイス」小豆

皮パリパリで中味あっさり(卵も牛乳も不使用)でたいへん美味でした。

ただ、通販のサイトで調べたところ、
乳化剤が何由来なのかが表記されていないので、
心配なベジタリアンの方は問い合わせてみてくださいね。


歌舞伎好きなベジタリアンというのは、
あんまりいないんじゃあないかとは思いますが参考までに。


歌舞伎座
東京都中央区銀座4丁目12−15
03-3541-3131

↓↓↓応援クリックくださると嬉しいです♪♪♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ