2009年4月28日火曜日

おいしかった本3冊


レシピ集通りに作ってもイマイチおいしくない・・・
なんていうこともあって、プロが作っているはずの料理本にも”実は”当たり外れがありますが、今日ご紹介する3冊は、どれも簡単!おいしい!ものばかりでした。

ベジタリアン向けの本ではないので、食材は適当にアレンジして作ってくださいね。


『たったひとつの野菜を、ごちそうに変える方法。』
小石原宣子 著




『野菜ばっかり』

小林ケンタロウ著

この本は持っている人多いかも。

『イタリア料理100のおいしいキーワード』
グラナータ落合務著

グラナータ時代の落合さんの本です。レシピも載ってますがイタリア料理の食材の説明が主。今は絶版になっていて、『ラ・ベットラ落合務のイタリア料理事典』という別の題名の本として出版されているようです。

以前私が務めていた大使館でよく赤坂のグラナータを使っていて、当時いろいろなお料理をご相伴させていただきました。どれも本当においしかったです。お店に入るとそこはほんとイタリアでした。ローマで働いていた日本人の知人が、こっちのイタリア料理屋より落合さんの店のほうがよっぽどおいしい、と言ってたことを思い出します。



野菜ばっかり
野菜ばっかり

価格:1,470円(税込、送料別)





ラ・ベットラ落合務のイタリア料理事典
ラ・ベットラ落合務のイタリア料理事典

価格:1,785円(税込、送料別)